母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の住宅 離婚後の住宅事情

離婚後の住宅事情

離婚後にまず最初に考えなくてはいけないことが住居のことです。離婚をするためにある程度の準備がされている場合は問題ないのですが、すべての人がそうとは限りません。住居は仕事や子育て、生活に大きく影響してしまうものなので、慎重に考えていく必要があります。

同居できる実家が近くにある場合は、当分の間そこに住まわせてもらうのが一番かもしれません。精神的にも金銭的にも、また子育ての環境としても最もよいのではないでしょうか。

しかし同居の場合も様々な問題がでてくるようです。もともと親子の仲が悪い家庭の場合などは子連れで同居することに苦労が多いようです。同居する前にある程度のルールを決めてそれを配慮しながら生活していくとよいでしょう。

また実家での同居が不可能な場合でも、なるべく実家の近くで住居を探すと保育園のお迎えなど何かと頼ることができます。住居は仕事や子供の学校などのことが関係してきますので、その辺のことを頭に入れてきちんと考えるようにしましょう。

中には、DVや借金問題など考える猶予もなく、一刻も早く家を出なければいけない状況にある方もいるようです。それらの問題があって、緊急な場合は各自治体におかれている女性相談センターなどに相談しましょう。

女性相談センターでは、一時保護所への入所の手続きをしてくれたり、緊急用の母子生活支援施設(母子寮)を紹介してくれたりします。個人情報が外部に漏れることはありませんので安心して相談することができます。

母子家庭の住宅


ティアモ セール
ティアモのセールならこちらで!

ナースシューズ
ナースシューズならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!