母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の住宅 母子アパート

母子アパート

母子アパートとは、住宅に困っている母子家庭を対象として、各自治体の福祉局が住宅局と協力しあって提供している、家賃の安い住宅のことです。

母子アパートは役所の福祉事務所で空き家の入居受付を行っています。住居提供であるため母子生活支援施設(母子寮)とは異なります。

また地域によって母子アパートの提供を行っている場所とそうでない場所がありますので、詳しい事については現在お住まいの役所の福祉課、または支援課に確認してみてください。

母子アパートに入居するためには、以下の条件を満たしている必要があります。 ・母子家庭で生活し、住宅に困っている人 ・同居する家族が18歳未満の児童であり、そのうち1人は義務教育が修了する前である ・世帯収入が、定められた基準以内である ・申込みをされる本人がその地区に住んでいる成年者で、それについて住民票などの提出によって証明できること

上記の条件を満たしている住居希望者が申し込みをすると、各自治体の福祉課で選出して、福祉課から住宅局への推薦が行われます。

ただし条件を満たしている母子家庭でも、実家からの仕送りしてもらって生活費を援助されていたり、十分な養育費が受け取れていたり、母親の収入が高額な場合は対象外となります。

母子アパートで提供される住居は公営住宅であり、入居の間取りは3畳、4畳半と台所となり、都内の母子アパートの中にはお風呂がない場合もあるようです。家賃は月額4,400円と共益費の支払いが必要となります。申込んでから入居するまでに2ヵ月半くらいの時間を要します。

母子家庭の住宅


マイスリー 効果
マイスリーの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

孤独死清掃 千葉 特殊清掃 茨城 ゴミ屋敷片付け
http://www.eco-harmony.co.jp/service.html