母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の住宅 公営住宅の優遇制

公営住宅の優遇制

離婚に一番困る住まいの問題ですが、母子家庭の中には賃貸住宅を探そうとしても最初に必要となる保証金など固まった資金を用意することが難しい場合もあるようです。また、子供の学校の関係で場所選びに苦労したり、家賃が壁となって希望条件にあう部屋が探せず苦労している方も多いようです。

そんな時に利用できる母子家庭の住居制度に、母子家庭公営住宅優先入居があります。これは母子家庭の母子が優先的に家賃の安い公営住宅に入居させてもらえる制度で、申し込みは現在お住まいの自治体の役所の福祉課や支援課で行うことができます。

通常の公営住宅の申し込みと同じですが、母子家庭に限って入居の優遇がされます。入居資格は各自治体によって異なりますが、一般的に以下のようになっています。

・その市区町村内に現在住んでいる方
・母親一人で子供の養育行っている方
・住む場所が探せず困っている方
・家庭の所得が決められた基準以内である方

募集される時期は年に1、2回決まった月に行われますので、時期を確認した上で忘れずに申し込むようにしてください。

一般の公営住宅の場合は、順番に受け付けされるため当たるまでに長期間かかってしまう場合があります。そのような中で母子家庭の世帯が優先的に上位に入れてもらうことができます。

ひとり親、心身障害者、精神障害者、多子、DV被害者など様々な状況や住宅困窮度に従って一般の申込者よりも当せん率を高くして住宅を提供しています。

そのため申し込みの際は、住居探しが困難である理由についてなるべく詳しく、役所の人に説明することが重要になります。

母子家庭の住宅


横浜や川崎のリノベーション
http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/

ディレグラ 効果
ディレグラの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!