母子家庭ライフ TOP → 離婚と母子家庭 離婚時の決め事

離婚時の決め事

離婚時に決めておかなければいけないことがあります。以下についてきちんと夫婦で話し合って、離婚後に問題が発生しないようにしましょう。

・子供のこと
子どもが未成年である時は離婚後の親権をどちらにするかを決めておく必要があります。離婚届の中に親権者を記入する欄があるので、親権者を決めないと役所で離婚届を受けつけてもらえません。

その際、とりあえず親権者をどちらか記入してあとで話し合いをしてから変更しようなど安易な気持ちで離婚届に記入してはいけません。

離婚届を出した後、その届け出通りに戸籍に記載されてしまいますし、親権者を変更するためには、家庭裁判所から認可を得る必要があり、後から変更することは簡単ではないのです。

親権者を決める時は、子どもにとっての幸せを第一に考えてどちらかを決める必要があります。そのため特別な事情がない限りは、基本的に子どもの世話や教育をしていく方を優先的に親権者とする場合が多いようです。

・財産分与について
財産分与とは、結婚してから離婚するまでに2人で築いてきた財産を、それぞれで分けることです。名義が片方だけのものであっても、夫婦で築いてきた財産と考えることができるため、離婚の際は二人で分けて清算していきます。

財産分与の対象となるものは以下の通りです。
・結婚している時に夫婦が協力しあって築いた財産
・夫婦の合意によって共有名義で得た財産や家財道具

また財産分与の対象にならない財産は、以下の通りです。
・結婚以前から各自で所有していたもの
・結婚している間に片方が相続や贈与されたもの
・各自専用と判断できるもの

離婚と母子家庭


ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!