母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の子育てと教育 保育機関について

保育機関について

小学生以下の子供を養育している母子家庭のお母さんが仕事をして家族の生活を支えていくためには、子供を保育機関に預けることはどうしても必要になります。母子家庭の場合、保育所に優先的に入所できる制度があり、自治体から保育料を援助してもらえることもあります。

・公立の認可保育園
各地方自治体によって運営されていて、国が設定する様々な基準を満たしている保育園のことです。その基準は、建物や園庭の大きさ、子供の数に対する保育者の人数、保育時間、保育内容、また保育園内で給食を作る場合は調理師が必要となる事、保育医が決まっていることなどです。

・私立の認可保育園
主に社会福祉法人やNPO法人などによって運営されています。独自の教育方針を打ち出している保育園が多いので、選ぶ基準になります。直接保育園に問い合わせをして申請の手続きを行う必要があります。

認可保育園の保育料については、保護者の所得によって決まりますので、収入が低いといわれる母子家庭にとっては利用しやすいでしょう。

・無認可保育園
国からの認可を得ていない保育園のことです。国が設定している一定の基準が満たされていない保育園であり、無認可保育園の種類には、地方自治体の補助金がある準認可外保育園や事業所内保育所、ベビーホテルなどがあります。

無認可保育園は、時間の融通がききやすく、家庭環境によって様々なスタイルで運営されているため母子家庭では利用しやすい保育施設かもしれません。ただ保育料については、収入に関係なく定額で、5万〜8万くらいが一般的なようです。

母子家庭の子育てと教育


ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style