母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の子育てと教育 無認可保育園の選択肢

無認可保育園の選択肢

近所に頼れる親族や友達などがいない母子家庭のお母さんは、仕事をしながら子育てをしていくにあたって、どうしても無認可保育園を選ばざるをえないこともあるでしょう。

しかし、無認可保育園の中にも様々な種類があり、融通が効くことも多いようなので、ニーズに合った保育園を選ぶとよいでしょう。

・準認可外保育園
認可保育園ほどではないけれど、一定の基準を満たしていることから、地方自治体と委託契約をしていて、補助金が受けられる保育園のことです。長時間の預かり保育や障害児保育といったように、認可保育園よりも融通がきくことが多いようです。

保育時間は認可保育園よりも長く、朝7時半から夜7時または8時まで預かってもらうことができます。そのため、保育料は認可保育園よりも高く、収入で変わることはなく一定料金となります。

・ベビーホテル
夜8時以降の夜間保育や24時間保育、夜間の一時預かりを行っています。利用方法は電話で予約をして、健康保険証の提示と料金の支払いを行えばすぐに預けることができます。

かつてベビーホテルで起こった事故が社会問題になったことからイメージが悪くなり、あえてベビーホテルという名称を使っていないこともあります。中には保育水準が低い施設もありますので、慎重に選ぶ必要があります。

・事業内保育所
会社の従業員のために設けられた保育施設です。職場の事情に合わせた保育が行われている保育施設で、職場の敷地内や近所に設置されています。そのため急な事態が起こってもすぐにかけつけることができ、安心して預けることができます。

母子家庭の子育てと教育


ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム