母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の子育てと教育 病児保育について

病児保育について

母子家庭では小さな子供を抱えながら仕事をされているお母さんも多いでしょう。仕事をしている間はたいていの人が子供を保育所に預けて働いていますが、ここで問題となるのが、子供が病気をしてしまった時の対応についてです。

子供がまだ小さいうちは、熱を出したり体調が崩れたりすることは日常茶飯事です。しかし会社側としては、その都度仕事を休まれても困るというのが本音でしょう。

採用の際に、小さい子供がいる母子家庭のお母さんの就職を避ける場合もあるようです。また、母子家庭でなくても、子供がいるというだけで仕事に支障をきたすと考えている企業もまだまだ日本では多いのが現状です。

そこで母子家庭の強い見方となり、子供が病気でも預かってくれる制度が病児保育です。症状によっても違いますが、病後保育は子供が病気をしても預かってくれる保育所のことです。

普通の保育所であれば、子供に熱がでたり体調が悪かったりすると、保育所から電話がかかってきて、子供を迎えに行かなければいけません。そして各自で病院に連れて行く必要があるのですが、病後保育園では診療所に併設されていることも多く、病気でも質の高いサービスを受けることができます。

病気になっても子供を預かってくれるため、病院に連れて行くために会社を休んだり早退したりする必要はありません。

しかし、残念ながら病児保育園は全国に250箇所ほどしかないのが現状です。ほとんどの施設が定員数を決めているため、必ず利用できるとは限りません。

母子家庭のお母さんが安心して仕事を続けるために大きな味方となってくれる病後保育園が今後増えていくといいですね。

母子家庭の子育てと教育


アピドラ注ソロスター
アピドラ注ソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 スカート
事務服のスカートなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!