母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の子育てと教育 放課後児童クラブ

放課後児童クラブ

母子家庭だけに限らず、仕事と子育てを両立させているお母さんにとって大きな見方となるのが、放課後児童クラブです。通常仕事をしているお母さんはお昼に家にいないことが多く、学校が終わる時間を過ぎても仕事をしている場合が多いでしょう。

放課後児童クラブは、そんな働くお母さんやお父さんの為に各自治体が設置している施設のことです。

放課後児童クラブは学童とも呼ばれ、放課後からお母さんの仕事が終わる夕方までの間、専任の指導員が子供と一緒に過ごしてくれます。指導員の監視のもとで宿題をしたり、遊んだりして過ごします。

放課後児童クラブは学校の近くに設置されていることが多く、同じ学区内にいくつか存在するのであれば、どこの放課後児童クラブに通ってもいいようです。お母さんが働いている母子家庭の児童や、両親ともに働いていている児童を対象とした施設で、小学校に通っている子どもが多いようです。

また、放課後児童クラブは、たいてい夏休みや冬休みなどの長期休暇中も開いているため、お休み中も安心して子供を預けて働くことができます。お昼はお弁当を持参して、1日のスケジュールは勉強や宿題、遊び、掃除など集団生活を送ります。

放課後児童クラブに通うことができる子供の年齢は、各自治体によって異なります。平日のみ開館していることが多いようですが、中には土曜日や日曜日も開いている施設があります。放課後児童クラブがあるかどうかや詳細については、お住まいの役場に確認してみてください。

母子家庭の子育てと教育


ブンデスリーガ 動画
ブンデスリーガの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン