母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の子育てと教育 就学援助

就学援助

小学校や中学校は義務教育なので、授業料はかかりませんが、給食費や学用品の購入など何かとお金が必要になります。それが母子家庭の場合でも同じで、授業に必要なものについては各家庭で揃えていかなければいけません。

義務教育といっても学校に行くだけで、どうしてもお金はかかってくるものです。そして学校での様々な経費は母子家庭にとって、とても大きな負担となってしまいます。

これらの問題を解決してくれるのが就学援助制度です。支給の対象となるのは、生活保護を受けている家庭や母子家庭など児童扶養手当を受給している家庭です。各自治体では義務教育の間、子供達ができるだけ他の家庭と同じ生活ができるように就学援助をしています。

各自治体によって対応の仕方や制度の内容は異なりますが、実際に就学援助制度を利用できるものについてご紹介します。

・学用品
小学校や中学校に入学すると様々な学用品を購入する必要があります。身近なものとしては鉛筆やノートなどですが、学校の授業で使われる絵の具なども含まれます。購入しないと授業を受ける際に支障をきたしてしまうものについての費用が負担されます。

・給食費
毎月必ず支払わなければいけないもので、少ない収入で生活している母子家庭にとってはとても負担になります。子供が2人いる場合は2倍にかかってしまうのでさらに大変です。母子家庭では就学援助によって給食費の免除や一部負担となります。

・修学旅行費
学校生活の中で、最も大きな費用のひとつが修学旅行費です。就学援助によって修学旅行費を援助してくれることもあります。

母子家庭の子育てと教育