母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の公的支援 児童扶養手当

児童扶養手当

児童扶養手当とは、父母の離婚や死別などによって、父か母どちらかと生活している子どもが生活しているひとり親家庭の安定と自立を促進するために、子どもの福祉の増進を図る目的で支給されている手当のことです。

次のどれかにあてはまる子供の生活の面倒を見ている、ひとり親家庭の父または母、また両親にかわって子供を養育している保護者が児童扶養手当を受けることができます。

・両親が離婚した子供
・父もしくは母が死亡した子供
・父もしくは母が規定の障害をもっている児童
・父もしくは母の生死が不明な児童
・父もしくは母が継続して1年以上連絡がとれない児童
・父もしくは母が継続して1年以上刑務所等で拘禁されている児童
・母が結婚せずに生まれた児童

児童扶養手当は、生れてから18歳になった最初の3月31日までが支給対象となります。しかし、心身に特別児童扶養手当2級と同程度以上の障害をもっている場合は、20歳未満までが対象となります。

児童扶養手当の金額は、子どもの数や所得によって全部支給、一部支給、支給対象外のどれかとなります。全額支給の場合の金額は以下の通りです。 ・子供1人で月額4,1880円
・子供2人で月額4,6880円
・子供3人で月額4,9880円

申請に必要な書類など詳しいことは、お住まいの自治体の担当窓口で必ず確認しましょう。受給資格があるかどうかなども相談することができます。また児童扶養手当は手続き前の分をさかのぼって受け取ることはできないので、速めに手続きをするようにしてください。

母子家庭の公的支援


グリメピリド 添付文書
グリメピリドの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!