母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の公的支援 こども手当

こども手当

子ども手当は、子育てをしている方に手当を支給して、家庭での生活の安定に寄与するとともに、次の世代の社会を担っていく子供たちの健全な育成と資質の向上を目的として国が支給するものです。 ひとり親家庭に限らず、子供のいる家庭すべてに支給されます。

子供手当を受ける保護者の方は、子ども手当を上の目的を達成するために支給されていることを踏まえて、その趣旨に従って使用する義務があります。

子ども手当の支給は、生れてから15歳になった最初の3月31日までの間支給されます。中学校修了前までの子どもを養育されている方が対象となります。子供手当を受けるためには、お住まいの地方自治体での申請が必要となります。

支給額は、子ども1人につき 月額13,000円で、支払時期は原則として毎年2月、6月、10月で、その月の前月分までの子供手当が支払われることになっています。

子供手当を受けるための申請では、出生や転入等で新たに受給申請する場合、各地方自治体の子育て支援窓口に認定請求書を提出する必要があります。必ず出生や転入された日の翌日から起算して15日以内に手続きをしなければいけません。

認定請求に必要となる書類は、請求者の健康保険証のコピー、請求者名義の預金通帳、この他に養育する児童と別居している場合などの理由によって提出が必要となる書類があります。

現在子ども手当を受けている方は、子供手当を継続して受けるための手続きとして、毎年6月に「現況届」の提出を義務付けられています。現況届に、毎年6月1日時点での状況を記入して提出することによって、子ども手当を引き続き受けられるかどうかが確認されます。

母子家庭の公的支援


鳩よけ駆除撃退・カラス対策|総合鳥害対策の【害鳥・害獣110番】
http://mabu-den.com/

プロアクティブ お試し
プロアクティブのお試し。使い切っても60日間返金保証。初回特別3,900円(税抜)。

事務服 カーディガン
事務服のカーディガンなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!