母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の公的支援 児童育成手当

児童育成手当

児童育成手当とは、18歳未満の子供がいる母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭、もしくは親に代わって児童を扶養している方を対象として支給されるものです。

申請はお住まいの地方自治体で行ないます。児童育成手当ては各都道府県や市区町村によって取り扱われていない場合もあります。自分が住んでいる自治体で取り扱われているかどうかについては各地方自治体に問い合わせして下さい。

児童育成手当の給付額は、子供一人につき月額13,500円となっていて児童扶養手当と併せて受け取ることができます。児童育成手当を受給するためには所得額によって制限があり、子供1人に対して所得3604000円未満、子供2人に対して所得3984000円未満となっています。

児童育成手当を申請するためには以下のものが必要となります。

・印鑑(シャチハタ不可)
・申請者が名義人になっている銀行の普通預金通帳
・申請者と子供の戸籍謄本(外国籍の方は登録原票記載事項証明書が必要になります。また、戸籍謄本は発行から1ヵ月以内のものとし、戸籍で離婚や死別などが確認できない場合は、改製原戸籍や除籍謄本も必要となります。)
・市区町村長が発行している平成22年度の所得証明書(所得、控除項目、扶養人数、住民税額が記載されているもの)
・賃貸住宅の場合は賃貸契約書や公営住宅使用許可書

上記については一般的な例であり、各自治体によって異なります。家庭の状況によっては、民生委員による調査書などを別途提出していただく場合もあるようです。

母子家庭の公的支援


社章の作成
で探すなら

リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン