母子家庭ライフ TOP → 母子家庭の公的支援 生活保護

生活保護

母親だけで子供を養っていくのはとても大変なことです。とくに離婚直後などは精神的な病を患っている場合もあり、働きに出られないお母さんもいらっしゃるでしょう。

そんなお母さん達のために生活保護があります。生活保護とは、国が決めている最低生活ラインを下回っている場合に国が生活を補助してくれる制度です。仕事をしていても、最低基準に満たない分を補助してくれます。

生活保護を受けるための最低生活基準は、厚生大臣によって定められた基準に従って最低生活費が計算されています。

また、病気のため働くことができない場合も生活保護を受けられます。預金や資産がある方、また身内から援助が受けられる方は、生活保護を受けることはできません。

生活保護の申請は、お住まいの自治体の福祉事務所に、本人か家族が出向いて行います。申請時に必要なものは、生活保護申請書と賃貸住宅の契約書や給料明細、預金通帳などの収入や資産を証明できるものが必要になります。

申請後は、福祉事務所の担当者が家庭訪問や生活状況調査を行って、生活保護が必要かどうかを審査し、認められると生活保護を受給できます。

生活保護を受給するためには、資産状況や生活状況といった自らのプライバシーをすべて明かす必要がありますので、それらの覚悟も必要です。申請が通ったとしても、車など一部の生活用品などの贅沢品の購入や所持が認められていないのが現状です。

生活保護は自治体によって申請が通りやすい、通りにくいといった違いがあるようです。詳しい事はお住まいの自治体の福祉事務所に問い合わせてみてください。

母子家庭の公的支援


抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!