エアコン掃除の大敵!
カビの原因や発生場所、除去が必要な理由について解説

エアコンにカビが発生しているサイン、発生原因などについて紹介しています。またカビ発生を予防する方法やカビを除去しなければならない理由についても紹介しています。

「エアコンから出る風が臭う」「アレルギーが出始めた」エアコンを使い始める時期になるとこういった「カビ」による悩みをよく耳にします。しかしカビによる被害は知られている一方で、エアコンのどこがカビの発生源なのかや、その予防法についてはあまり知られていません。ここではそんな悩みの種であるカビが発生しやすいエアコンの箇所や発生を予防する方法などについて紹介していきます。

カビのサイン

まずカビが発生しているかを判別するサインについて紹介していきます。カビ発生のサインとして主に挙げられるのは
・臭い
・黒点
・健康被害
以上の3つです。順に紹介していきます。

臭い

一番最初にエアコンのカビを意識し始めるのは、恐らく臭いだと思います。カビの臭いは独特なので、エアコンから出る風の臭いに違和感を感じ始めたらカビを疑って下さい。

黒点

カビが生えている場合、お風呂場などでもみられるような黒点がエアコンの送風口などに細かく見られます。それらが見られた時点でカビの除去を考えて下さい。

健康被害

カビはホコリなどと並ぶアレルゲンです。「エアコンをつけるとくしゃみが出る」「のどに違和感が出る」などがあればカビを疑って下さい。最悪の場合、肺炎になることもあるので早めの対処をおすすめします。

カビの原因と発生場所

まずエアコンにカビが生じるのは掃除不足ではなく、当然の話です。エアコンはカビが生じやすい環境を作ってしまうので「毎日エアコンを隅々まで掃除する」といったことが出来たとしても完全にカビを防ぐことはできません。カビの原因として挙げられる主なものは
・人間が快適に感じる室温
・湿度の高さ
・ホコリや汚れ
・機械内部に生じた水分
以上の4つです。

人間が快適に感じる室温

皮肉なことに人間が快適に感じる室温はカビの活動の適温となってしまいます。カビは5℃以上から発生できると言われていますが、温度が20~30℃あたりになると発生する量が急激に増えます。

湿度の高さ

カビは基本的にジメジメした湿度の高い環境を好みます。夏に冷房を使用した場合「熱交換器」というエアコン内部のパーツに結露が生じ、高温多湿になりやすく、カビの温床となることが多いです。

ホコリや汚れ

カビの栄養源はゴミやホコリなどです。そのため頻繁に掃除されないエアコンは、カビが繁殖しやすくなってしまいます。部屋に落ちているホコリや汚れなどにもカビが存在しているので、その空気を吸い込みエアコンにもホコリがつもっていきます。そのためエアコンのみでなく室内の掃除をすることもとても重要です。

機械内部に生じた水分

実はエアコンの見えている部分には内部よりカビが生えにくいです。本当にカビが生えやすいエアコンのパーツは
・ドレンパンと呼ばれる水受け皿
・空気を取り込み送るファン
・風の吹き出し口となるフィン
以上の3つです。カビが生えやすい場所ベスト3とも呼ばれるほどです。

カビは最初ドレンパンで発生し、ファンへ移り繁殖し、風の吹き出し口であるフィンへ移動し繁殖します。この道のりを経て、前述したカビのサインである黒点として見られるようになっていきます。そのためカビが目に見える範囲に存在しているということは、既にエアコン内部はカビまみれの可能性が高いです。「気が付いたらエアコンの至る所にカビが繁殖している」ということもあり得ない話ではないので注意して下さい。

自分でできるカビ除去の範囲と予防法

自分で出来るカビ除去の範囲

自分で出来るカビ除去の範囲としては、風の吹き出し口となるフィンの部分や内部のフィルターなど、取り外し可能な部分のみです。そのため個人で除去出来る範囲ではカビを除去しきれません。もし目に見える部分にカビが生じていた場合には、エアコン内部はカビまみれの可能性もあるため、業者を呼ぶことをおすすめします。またカビの除去と聞くと、一般的なカビ除去に用いられる「塩素系のカビ取り剤」などを使用する人がいますが、エアコンは精密機器なので取り外しや水洗いのできない箇所もあり、その箇所に洗剤が付くと落とせません。水分が付くと壊れる部位もあるのでエアコンを掃除される際には注意して下さい。

予防法

エアコン内部のカビを予防する方法についてですが、主に挙げられる方法は
・エアコン運転後に送風や暖房をする
・掃除の後フィルターなどをしっかり乾燥させる
以上の2つです。順に紹介していきます。

エアコン運転後に送風や暖房をする

エアコンにカビが生える原因は冷房を使った後の寒暖差による結露です。そのためエアコンを運転した後に20~30分程度の間、送風や暖房などをしてエアコン内部を乾燥させることでカビの発生を予防できます。エアコンは用途や構造の関係で完璧なカビ予防は不可能ですが、湿気を取り除くことが出来れば、かなりカビ予防に期待が持てます。また送風機能がついていないエアコンの場合は、内部乾燥機能という機能がついていないか確認してみて下さい。もしもどちらもないという場合には、暖房を使い設定温度を1度あげて下さい。機械内部の乾燥に一役買いますのでぜひ試されて下さい。

掃除の後フィルターなどをしっかり乾燥させる

フィルターなどの取り外し可能部位を洗浄した後、乾燥が不十分な場合には新たなカビの原因となります。そのため半日~1日かけてしっかり乾燥させて下さい。また網の目などに残ったホコリはカビの餌となってしまうので、取り残しがないかの確認も行って下さい。

カビを除去しなければならない理由

カビを除去しなければならない理由はいくつかありますが、ここでは代表的な理由として挙げられる
・アレルギー対策
・エアコンの消費電力の減少
以上の2つを紹介していきます。

アレルギー対策

前述した通りカビはエアコンの内部で繁殖するため、風に乗り空気中にカビをまき散らします。この状態で掃除をせずエアコンを使い続けた場合、室内はカビやホコリ、悪臭で満ち汚染されていきます。カビやホコリはアレルギーの原因となるだけでなく、人によっては肺炎になることもあるので注意が必要です。小さなお子さんやお年寄りと暮らしている場合だけでなく、大人のみの家族でも注意して下さい。また例えホコリやカビなどでアレルギー症状が出た経験がなかったとしても、アレルギーが発症しないとは限らないのでエアコン内部のカビ掃除は忘れずに定期的に行って下さい。

エアコンの消費電力の減少

電化製品は経年によるトラブルが比較定起きやすいと言えます。エアコンの場合はなかなか掃除がされないために、内部にゴミやカビ、ホコリがたまってしまいフィルターなどのパーツに詰まる事例が多々起こります。ホコリなどが詰まってしまうと当然ながら、風があまり出なくなってしまうため室温が下がらず、エアコンは過剰に稼働することになり消費電力が上がりやすくなってしまいます。そのためエアコン内のカビなどを除去することで、消費電力の減少に期待が持てることが多いです。

まとめ

カビ発生のサインや原因、除去したほうが良い理由について理解して頂けたでしょうか。基本的にカビは体に良くないものなので、カビが発生している兆候が見られる場合やエアコンを使い始める前などに、一度除去を考えてみて下さい。その際「フィルターや吹き出し口があまりにもカビだらけ」ということがあれば迷わず業者へ依頼することをおすすめします。